ベイジアン

「確信度」という観点で確率を捉える立場を「ベイズ主義」という