データの単位

単位(unit)とは

  • 単位(たんい、英: unit)とは、量を数値で表すための基準となる、約束された一定量のことである。
  • 数学において、単位とは、「恒等の作用をするもの」(英: identity)を意味する。積では、数の1がこれに当たる。

2つの単位

単位意味
単位(unit)数の基準としての1単位ベクトル(unit vector)
単位(identity)恒等(identity)の作用をするもの単位行列(identity matrix)、恒等関数(identity function)

恒等性 vs. 冪等性

用語意味対象
恒等性(identity)ある変数にどんな値を入れても正しいこと(恒等的に正しい)代入
冪等性(idempotence)ある操作を何回行っても結果が同じであること演算

例)

方程式 vs. 恒等式

x + 1 = 0 (方程式)
x + 1 ≡ 1 + x (恒等式) // 恒等式は定義としても使われる

無次元量(dimensionless quantity)

  • 無変量(無名数)とも
  • 単位のない量のこと
  • 例) パーセンテージ

reference:

  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%98%E4%BD%8D
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E6%AC%A1%E5%85%83%E9%87%8F
  • https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1220455742
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%89%E5%8F%B7