推測統計の目的

  • 母集団 (population) から標本 (sample) を無作為に抽出し、
  • その標本によって得られた標本平均や不偏分散などの統計量を使って、
  • 母集団の母数(母平均や母分散)を検定し推定すること

調査方法

調査方法
標本調査(sampling)母集団の標本を使って調べること
全数調査(complete enumeration)/悉皆調査母集団を全て調べること。例、センサス(Census)

推定と検定

  • 推測統計 (inferential statistics)
    • 推定(estimation)
      • 点推定(point estimation)
      • 区間推定(interval estimation)
    • 検定(test)
      • 仮説検定(hypothesis testing)
用語意味
推定(estimation)標本から判断して、具体的な母数の値や区間を予測する
検定(test)母集団について述べた異なる2つの仮説のうちどちらかを採用すること

集団

用語意味
母集団 (population)調査や研究の対象となるものの全体。
正規母集団(normal population)母集団が正規分布しているもの
母数(parameter)母集団についての統計量
標本 (sample)母集団から抽出したデータの集まりのこと

抽出

用語意味
抽出(sampling)標本を抜き出すこと
無作為 (random)作為を加えないこと。任意であること。
無作為抽出 (ramdom sampling)無作為な選択方法によって選んだ標本

平均 (mean)

種類意味
母平均 (population mean)$\mu $
標本平均 (sample mean)$\bar{x} $

REFERENCES:

  • https://bellcurve.jp/statistics/glossary/1421.html
  • http://www.qmss.jp/qmss/glossary/stat-glossary-je.htm
  • http://www.ner.takushoku-u.ac.jp/masano/class_material/waseda/keiryo/5_infer_stat.html
  • https://bellcurve.jp/statistics/course/8005.html