論理包含(implication、IMP)

  • 命題 p → q には,集合の包含関係 P ⊂ Q が対応する
  • これを集合の要素で表わせば,「どんな x についても,x ∈ P → x ∈ Q 」になる
  • \(P ⊂ Q ⇔ \bar{Q} ⊂ \bar{P}\) だから, \(p → q ⇔ \bar{q} → \bar{p}\) が成り立つ