t-SNE (t-Distributed Stochastic Neighbor Embedding/t 分布型確率的近傍埋め込み)

  • t-SNEは次元削減を行う教師なし学習手法のひとつ
  • 確率分布の差異を最小化するように学習を進める
  • 可視化に特化しており、PCAなどと比較してより複雑なデータでも有効に働きやすい
  • 考え方は、点の間の類似度が反映されるように高次元の点を低次元に埋め込む感じ

REFERENCES:

  • https://www.procrasist.com/entry/23-distance
  • https://aizine.ai/glossary-tsne/
  • https://jp.mathworks.com/help/stats/t-sne.html