次元の呪い (curse of dimensionality)

扱う特徴量(次元)が多すぎて、機械学習モデルが効率よく回帰または分類ができないこと

解決策

  • 特徴選択 (Feature selection)
    • 必要不可欠ではない(次元)を削除すること
  • 特徴作成(Feature creation)
    • 複数の特徴を組み合わせて、1つの特徴にすること

REFERNECES:

  • https://qiita.com/kibinag0/items/b1c0dac7df941ee42315