距離学習

2つが同じモノを表しているか、それとも違うモノを表しているのか? このような問題を解く場合、2つの間に『距離』を定義して、それが近ければ同じ、遠ければ違うと判断する方法が考えられます。ここでの『距離』は学習データを用いる事により、違うモノはより大きく、同じモノはより小さくなるように、目的に合わせて柔軟に定義する事ができます。このような操作の事を距離学習(Metric Learning)と言います。

ひとことでいうと、intra-classの分散を小さくして、inter-classの分散を大きくする学習

-inter-classintra-class
分散大きく小さく

REFERNECES:

  • https://qiita.com/tancoro/items/8d3438cab574a02319cc