独立と無相関(indipendent and non-correlation)

確率変数XとYの共分散が0の場合は無相関

$$ Cov(X, Y) = 0 $$

同時確率分布において、あらゆるxとyで次の式が成り立つ時、xとyは互いに独立

$$ f(x, y) = g(x) \cdot h(y) $$

つまり、$X \cap Y = \phi$ということ

相関と独立の比較

  • 独立 ⇒ 無相関
  • 独立 > 無相関